逆流性食道炎 症状

食べると気持ち悪い時のすぐにできる改善策とは!

食べると気持ち悪い時のすぐにできる改善策とは!

食べると気持ち悪いという症状で考えられる病気とすぐにできる改善策ですが
まず、考えられる病気で代表的なもので『逆流性食道炎』の可能性が高いと思われます。

といっても、ダイエットが原因の胃腸炎など別の病気の可能性もありますので
病院で診察してもらい原因を知ることも重要です。


それでは、あなたの食べると気持ち悪いという症状が『逆流性食道炎』だった場合の
すぐにできる改善策について解説いたします。


逆流性食道炎とすぐにできる3つの改善策について・・・

逆流性食道炎という病気は、胃液が逆流することで食道内に炎症をおこしてしまい
吐き気やげっぷなどの症状が出てしまう病気になります。

その改善策としてすぐにできて有効な方法が3つあります。

それは、『食べ物』『姿勢』『ストレス解消』になります。


まず『食べ物』についてですが、基本的に胃液がたくさん分泌される食べ物はNGです。

たとえば、脂っこいもの、辛いもの、甘いもの、は控える必要があります。
というのも、食べると気持ち悪くなる原因は胃液が逆流することで起こっていると
考えられるので、まずは胃液の分泌を抑えることが重要になるからです。


次に、『姿勢』についてですが、こちらも重要なポイントになります。

まずはご飯を食べた後にすぐに横になって寝るのはやめる必要があります。
横になってしまうことで胃液が逆流しやすい状況になり症状が悪化してしまう可能性があります。


3つ目は『ストレス解消』です。

強いストレスを感じることで体の免疫能力が低下してしまい、食道に胃液が逆流するのを
防ぐ役割をしている部分がゆるみやすくなってしまうことがあります。

すると普段は胃液が逆流することがないような状況でも頻繁に食道まで胃液があがってきてしまい
症状が悪化するというわけです。


若い年齢の方で逆流性食道炎の症状が出ている場合の多くはこのストレスが
原因となっている考えられます。

なので、考え方をプラス思考に変えるように心がけ、休みの時は趣味を満喫するなどして
ストレスをためないようにすることが大事になります。

ちなみにこの3つの改善策は私が実際に試して効果があった方法なので、ぜひお試しください。

逆流性食道炎の症状についてはこちらをチェック!

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional