逆流性食道炎 症状

逆流性食道炎を食べ物で改善するための重要ポイント!

逆流性食道炎を食べ物で改善するための重要ポイント!

逆流性食道炎の症状を改善を目指すなら一番最初にしなければいけないのが『食べ物の改善』
になります。

逆流性食道炎という病気の特性上、胃液の逆流が原因で症状が悪化するので、
胃液の分泌に関わる日ごろの食べ物は重要なポイントになってきます。

それでは、逆流性食道炎を食べ物で改善するために重要なポイントについてですが
基本的な考え方としては胃液が多く分泌される食べ物を控えるようにするということです。

こちらにまとめてみました・・・・・

[check]酸味の強い食べ物
[check]香辛料
[check]消化の悪い食べ物
[check]熱い食べ物
[check]甘い食べ物
[check]脂っこい食べ物
[check]カフェインとアルコール
[check]炭酸飲料


控える必要がある8つの食べ物について・・・・

それでは8つの食べ物がなぜ控える必要があるのか、ということをカンタンに解説いたします。

  • 酸味の強い食べ物

逆流性食道炎になってしまうのは胃液が逆流することで食道内の粘膜を傷つけてしまい
炎症を起こしてしまうからなんです。

この胃液はかなり酸性が強いのですが、胃液と同じように酸性が強い食べ物を食べると
炎症している部分を刺激してしまうので食べるのをできるだけ控えるようにしたほうよいでしょう。

※酸性が強い食べ物・・・酢・みかんなどの柑橘類・コーラーなど

  • 香辛料

香辛料を使用した食材といえばカレー・唐辛子・ラー油などがあり、どれも刺激が強い食材と
なっているので胃液の分泌を多くしてしまうので、デキルだけ控えるようにしたほうがよいでしょう。

とはいうものの、味気ない料理のせいで食欲がなくなってしまっては
別の意味で体調が悪くなってしまうのでさじ加減が重要です。

  • 消化の悪い食べ物

消化の悪い食べ物を食べてしまうと、胃に長時間、食べ物が残ってしまうので
それを消化しようと多くの胃液が分泌されてしまうので注意が必要です。

代表的な食品としてはイカ・タコ・貝類・たけのこ・セロリなどがありますので
頭にいれておくとよいでしょう。

  • 熱い食べ物

熱い食べ物については単純で、食道を通る時に傷ついた部分を刺激してしまうので
控えたほうがいいです。

  • 甘い食べ物

甘い食べ物も刺激が強いので控えたほうがよいでしょう。

おかしやケーキなどはできるだけ我慢する必要があります。

  • 脂っこい食べ物

脂っこい食べ物は食後の胃液の逆流を促進してしまうことがあるので
逆流性食道炎の症状があるときは控えたほうがよいでしょう。

  • カフェインとアルコール

コーヒーなどに含まれているカフェインに関しても胃液の分泌を促進してしまうので控えましょう。

アルコールに関しても注意する必要があり、胃液の逆流を引き起こしやすくなるのはもちらんですが
むねやけの原因にもなります。

特に、ワインは普通のビールなどのアルコール飲料よりもむねやけを起こしやすいと
いわれているので頭に入れておくとよいでしょう。

  • 炭酸飲料

炭酸飲料を飲んだ時にげっぷが出ると思うのですが、そのげっぷとともに胃液が逆流してしまい
やすくなるので、炭酸飲料もできるだけ控えるようにしたほうがよいでしょう。



このように逆流性食道炎になると、治療の為にいつも食べている好きな食べ物が
食べれなくなってしまうということになってしまいます。

放置していると治療期間も長くなってしまうのでポイントとしては
メリハリをつけて継続的に対策をしていくことが重要になるでしょう。


私が試して効果があった治療法についても参考になるかもしれませんので
よかったらご覧ください。


>>私が逆流性食道炎の症状を根本から改善することができた治療法とは<<


逆流性食道炎に関連するコンテンツ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional