逆流性食道炎 症状

逆流性食道炎はストレスが一番の原因?

逆流性食道炎はストレスが一番の原因?

逆流性食道炎になってしまう一番の原因はストレスです。
というのも、私が逆流性食道炎になってしまったのはストレスが原因だったからです。

なので、他の人たちがなんと言おうと、自分の経験上はストレスが一番の原因
だという結論になったのです。

もちろん、何の根拠もなくストレスが一番の原因だといっているわけではありません。

ストレスと胃の関係性とは・・・・

ストレスが原因で胃潰瘍になった」という経験がありませんか?

もしあなたが胃潰瘍になったことがなかったとしても、話ぐらいは聞いたことが
あるのではないでしょうか。

ストレスと胃は密接に関係しており、強いストレスを受けることで迷走神経という
胃液の分泌を司っている神経が刺激されてしまいます。

通常ならば食事をするなどして、胃に食べ物が入っていないと胃液が分泌されることは
ないのですが、ストレスにより迷走神経が刺激されることで、何も食事をしていない
空腹時にも胃液が出るようになってしまうのです。

そして、胃液が多く分泌されることで胃潰瘍になり、食道内に胃液が逆流しやすい状況
になってしまうのです。

ストレスの影響はまだあります。それは、食道粘膜です。

過度のストレスを受けることで食道粘膜の胃液に対する感受性が高くなってしまい
通常では問題ないぐらいの胃液の逆流でもむねやけを起こす原因になってしまうのです。

私も胃潰瘍があった・・・・

実際に私も仕事のストレスが原因で、逆流性食道炎になってしまったのですが
その時の胃カメラ検診で、胃潰瘍も同時に見つかりました。

このことからも分かって頂けると思うのですが、逆流性食道炎とストレスは
密接に関係しているので、このストレスを解消することができるだけでも症状の
改善につながるでしょう。

趣味や楽しいことをすることで、できるだけ早期にストレスを解消するようにしましょう!

私の克服体験談も参考になるかもしれないのでお時間がある時にでもご覧ください。

サイト管理人の克服までの道のり<<



逆流性食道炎のその他の症状をピックアップ!


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional